ブッチドッグフードをお試しした口コミと評判!冷凍保存できてトッピングにも最適!

ドッグフード

ネットの広告でも良くみかけることのある「ブッチドッグフード」

毎日3000本以上売れているというのですから、その人気ぶりはちょっと気になるものですね。

そんなブッチドッグフードですが、犬を飼っている人なら誰もがちょっと気になるドッグフードかもしれません。

しかし、

  • 「うちの愛犬は食べてくれるのかな?」
  • 「愛犬には安心して与えられるのかな?」
  • 「保存すれば日持ちするのかな?」

なんてことを考えちゃうかもしれませんね。

そこで、実際にブッチドッグフードを購入して愛犬に食べさせてみたのでレポートしてみたいと思います。

合わせて、

  • ブッチドッグフードを利用した人の口コミや評判
  • ブッチドッグフードって安心して食べさせられるの?
  • ブッチドッグフードの特徴や注文方法

などについてまとめてみました。

これから、ブッチドッグフードを愛犬に食べさせてみようかなと思っているあなたにご参考になりますように!

>>ブッチドッグフード公式サイト<<

【スポンサードリンク】

ブッチドッグフードをお試ししてみました!

我が家の愛犬はドライフードがちょっとだけ苦手。

しかし、毎日のコスト的にも歯の健康のためにもドライフードは食べていただきたい・・・そこで、なにかトッピングとして最適なものはないのかと思い、試してみることにしたのがブッチドッグフードです。

公式サイトからトライアルセットで注文したブッチは、翌日には配達されました。

見た目はドッグフードというよりも、まるでボンレスハムのような感じで人にとっても食欲をそそられちゃいます。

ちなみにトライアルセットは公式サイトからしか購入できず、ブラックレーベルホワイトレーベルブルーレーベルの3種類のブッチドッグフードを3000円で一挙に試すことができるお得なセットです。

このあとで定期購入することもできますが、もちろんこのトライアルセットだけで終わらすこともできますし、トライアルセットが届いた後にしつこい勧誘があるといったこともありませんでした。

3種類のブッチドッグフードに加えて切り口にピッタリはまるフレッシュキャップが同梱されていました。

このフレッシュキャップ、単体で買うと600円もしちゃうんですね。単体だったら絶対に購入しませんが…。

開封したブッチドッグフードに気づいた愛犬は、「これは俺のご飯だ!」とばかりに近寄ってきて今か今かと待ちきれないご様子です。

上記写真はブッチドッグフードを前に「マテ」をしているご様子ですッ!

早速食べさせてみると、一目散に食べ始め一気に食べ終えちゃいました。

「絶対我が家の愛犬は好きだろうな」と思って注文はしたけどホント、この食いつきにはビックリです。

あまりの食いつきぶりに「これじゃブッチドッグフードしか食べなくなる…」とちょっとだけ不安を覚え、翌日からはドライフードにトッピングして食べさせてみることにしました。(写真は『モグワン』にトッピングした状態です。)

すると、トッピングした状態でもバクバクと食べてくれました。

これはドライフードが苦手なワンちゃんのトッピングとしてあげるのにはピッタリだと思いますよ!

ということで、我が家の愛犬には大評判のドッグフードとなりました!

ちなみに我が家ではこれまでにも色々なドッグフードを試してきましたが、このブッチドッグフードがNo.1の食いつきでした!

あと、我が家の子にはブラックだろうとホワイトだろうとあまり関係がないらしく、とにかくブッチが好きみたいです。

単品で購入しようと思うとちょっとばかりお高いですが、トライアルセットならばちょっと頑張れば試せそうじゃないですか?

3000円で愛犬が喜ぶ顔がみれるならしめたもんです!!

>>ブッチドッグフード公式サイト<<

ブッチドッグフードの口コミや評判

ブッチドッグフードを利用された方の口コミや評判をまとめてみました。

最近はSNSでの感想が一番リアリティがあるような気がしますね。

ということで、インスタやツイッターの声をいくつかまとめてみました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ブッチ・ジャパン様から無添加、グルテンフリーのプレミアムペットフード頂きました〜🍖🍗 ブッチジャパンさんは環境規制が世界一厳しいニュージーランド産!安心安全!わんこ、にゃんこには美味しい🐶🐱💓更に高タンパク低脂肪!意外にも一般的なドッグフードのカロリーの約3分の1やって!(≧◇≦) * クーポン利用で15%OFFになるよ! クーポンコード【SHIBAINU.BERRY 】 割引キャンペーン 10月31日まで プレミアムフードが割引って嬉しい〜(ू˃̶͈ꇴ ˂̶͈*ॢ) ➡️ www.butch-japan.jp/ ➡️ @butch.japan * #butch #butchpetfood #butchjapan #ブッチ #ブッチジャパン #ペットフード #ドッグフード #べりっくま #やらされ感 #ハンパない #柴犬 #べりやん #shiba #shibainu #berry #berrystagram

shibainu berry(@shibainu.berry)がシェアした投稿 –

>>口コミはこちらでも確認できますよ!<<

ブッチドッグフードとは?

ブッチドッグフードは、ニュージーランドではメジャーなチルドミートタイプのドッグフードです。カリカリのドライフードとウェットフードのちょうど中間に位置するような感じですね。

そんなブッチドッグフードは、もちろんそのままあげるのもいいですが、トッピングとしてドライフードに混ぜてあげるのがおすすめの与え方です。

ドライフードにウェットフードをトッピングするのは定番かもしれませんが、安価な缶詰タイプって添加物バリバリだったり、どんなお肉が使われているのか分からず不安で躊躇してしまうのも事実。

ですがブッチドッグフードは、無添加で100℃未満の低温で15分以内に全体を加熱後、すぐにパッケージ包装されているので素材の持つ自然な栄養も損なわれません。だから安心してあげられるドッグフードといえるんですね!

ブッチドッグフードの原材料は安心できるの?

ブッチドッグフードは

  • ニュージーランド産のビーフ、ラム、チキンを使用した「ブラックレーベル」
  • 赤身肉が苦手な愛犬のために作られた「ホワイトレーベル」
  • ニュージーランド産チキン、フィッシュを使用した「ブルーレーベル」

の3種類から選べます。

もちろんすべて無添加ですし、ヒューマングレードの原材料が使われています。だから安心感が高いんですね!

もちろんアレルギーの原因と言われている小麦は一切使用しないグルテンフリーを実現し、原材料に対する肉類の割合は最大92%!高タンパク・低脂肪にこだわって開発されているというこだわりぶりです。

また水分含有率は70%以上を実現しているので、普段あまり水を飲んでくれないワンちゃんにも自然に水分摂取が可能なのは嬉しいと思いませんか?

参考までに公式サイトから抜粋したそれぞれの原材料を明記しておきます。

ブラック・レーベル 原材料

ビーフ33%、ラム25%、チキン18.5%
2%以上~10%未満【フィッシュ(サバand/or マグロ)、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)、大豆、ココナッツ、米(破砕・ゆで)】
1%~1%未満【凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)、ケルプ、天然香料、ビタミン・ミネラル類(ビタミンD,E、Ca、塩化コリン、タウリン、亜鉛、鉄、チアミン、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、葉酸)】

ホワイト・レーベル 原材料

チキン80%
2%以上~10%未満【野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)、大豆、トウモロコシ種皮、米(破砕・ゆで)、フィッシュ(サバand/or マグロ)】
1%~1%未満【凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)、ココナッツオイル、ケルプ、天然香料、ビタミン・ミネラル類(ビタミンD,E、Ca、塩化コリン、タウリン、亜鉛、鉄、チアミン、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、葉酸)】

ブルー・レーベル 原材料

チキン 67%、フィッシュ(サバand/or マグロ)25%
2%以上~10%未満【米(破砕・ゆで)、ココナッツ】
1%~1%未満【パセリ、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)、ケルプ、ユッカ、ビタミン・ミネラル類(ビタミンD,E、Ca、塩化コリン、タウリン、亜鉛、鉄、チアミン、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、葉酸)】

ちなみに3種類もあってどれを購入するべきか困ってしまうブッチドッグフードですが、何度も言いますがこの3種類を全部試すことができるのがトライアルセットです。

まずは、このトライアルセットで気軽にブッチドッグフードを愛犬に食べさせてみて一番お気に入りのを定期購入してもいいかもしれませんね。

ブッチドッグフードは冷凍保存できるからトッピングにも最適

ブッチドッグフードは生タイプのドッグフードなので開封後は7日~10日以内に消費するのが基本です。ですが、なかなかその期間に消費するのは難しいですし、ブッチドッグフードばかりあげるのではコスパ的にもちょっときついかもしれません。

そこでおすすめなのが冷凍保存しちゃうこと。通常ウェットタイプのドッグフードは冷凍保存はできませんし、ドライフードは開封した日から酸化が始まります。

ですが、ブッチドッグフードは小分けにして冷凍保存することで1年程度の冷凍保存が可能なんです。

ですから、小分けにして毎日の食事のトッピングとして使ったり、特別な日のご褒美としていつでも愛犬に食べさせることができちゃうんですね。

我が家では必要な分だけ前日に自然解凍させてドライフードにトッピングしてあげるというのが定番でしたよ!

>>ブッチドッグフードお求めはこちら<<

ブッチドッグフード公式サイト

ブッチドッグフードの取扱店は?

ブッチドッグフードは基本的には公式サイトの通販で購入するのが基本の購入方法です。

しかし、最近では店舗での取扱店もいくつかありますので、お近くにお店がある方は確認してみてもいいかもしれません。

現段階で公式サイトで発表されている取扱店は次の通りです。

【複数店舗】
・イオンペット、PeTeMo、pecos(一部店舗)
・ペットフォレスト(一部店舗)

<北海道>
・ドッグサロンシェリー(札幌市中央区)

<秋田県>
・金鳥園(秋田市)

<栃木県>
・ドッグサロンアンジュ(小山市)

<千葉県>
・犬ごころ ららぽーとTOKYO-BAY店
・カムカム・ラブー 浦安店

<東京都>
・ペットウィズ 渋谷店
・ペットウィズ 吉祥寺店
・MAMMY(小平市)
・PETDESIGN 自由が丘店

<愛知県>
・ディスワン小牧店
・PETDESIGN 長久手店

<京都府>
・京都ペット病院(京都市中京区)

<大阪府>
・トリミングドッグホテル RYO&REI 深江橋店
・にゃん子ん家都島店

<大分県>
・PETDESIGN イオンモール三光店

ただし、トライアルセットや定期購入のお得な価格での購入は公式サイトからのみになりますので、やっぱり公式サイトを利用するべきでしょう。

ちなみに楽天ではかなり高いお値段になりますし、Amazonでは在庫が安定していないようなので、やはり公式サイトの利用がいいと思いますよ。新鮮さが命のチルドミートですし。

>>今ならトライアルセットがお得!<<

ブッチドッグフード公式サイト

ブッチドッグフードは子犬にも老犬にも最適

ブッチドッグフードは全犬種、全年齢対応のオールマイティなドッグフードです。

成犬はもちろん離乳食からドッグフードへの切り替え時の子犬にも、歯が弱くなってきてドライフードが食べられなくなってきた老犬にも最適です。

たしかにブッチドッグフードだけを与えるのはコスパがいいとは言えませんので、カリカリのドライフードにトッピングとして加えてあげるのがやっぱり一番いい食べさせ方かもしれません。

また、ちょっと栄養に偏りがありそうとかちゃんと栄養が摂れていないとかいったワンちゃんの栄養補給にもいいですね。

ヘタなおやつを与えるよりもブッチドッグフードをちょっとずつあげたほうが全然いいと思いますよ。

まとめ

ブッチドッグフードはチルドミートタイプのドッグフードということで、ドライフードともウェットフードともちょっと違って愛犬には新しい食感かもしれません。

人が食べても安心なヒューマングレードな原材料ですから安心してあげれそうです。

我が愛犬はブッチドッグフードのにおいを嗅ぐと落ち着きがなくなっちゃうくらい大好きなフードです。

ブッチドッグフードを「愛犬に食べさせたい」と思ったあなたには、3種類のブッチドッグフードがお得にお試しできる「特別トライアルセット」がおすすめですよ!

>>ブッチドッグフード公式サイト<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました